各都道府県の青色申告の会計ソフト・決算書の書き方・やり方・控除・申告書・経費・帳簿の付け方

最終更新日:2019年01月01日

確定申告までに領収書整理・節税対策を! 残り 節税・節約・経費精算などの対応はお早めに!必要なサービスを紹介しています。

  • 【第1位】 『自動会計ソフトのfreee(フリー)14ヶ月連続1位
    自分で計算 / 記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)
  • 【第2位】 税理士ドットコム 仕分け・節税で悩んだら、税理士に相談しましょう! 日本最大級税理士相談サイト(おすすめ!

まず、期間限定で利用をおすすめ。 自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

このサイト・この記事の目的

  • 副業をしているサラリーマンの方
  • フリーランスの方
  • 自営業者・事業主で業務委託の方を雇用されている方
  • 初めて確定申告される不安な方
  • 自営業者・個人事業主の方

などを対象に書かせていただいております。確定申告の問題を一気に解決していきましょう。

著者は、学生時代から 確定申告を個人事業主として行なっていて、副業でサラリーマンの時も確定申告をしていて、現在は起業をした個人です。

税理士・ファイナンシャルプランナーの方から教えていただいた知識・経験を元に読者の皆さんに信頼できる情報を書かせていただいております。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!

想定の読者の方

上記の方であれば、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

お悩みごとにこのページの見出しに遷移しますので、興味があるところをチェックして見てください。

ここからは、それぞれの悩み応じた解決策をご紹介していきます!

忙しくて読めないという方で、登録2分・利用料金無料で確定申告を早く解決したい方には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!

青色申告を個人事業主が行うときの進め方。 ソフトや提出する書類とは

個人事業主として仕事をしている場合、確定申告は青色申告で行わなければいけません。青色申告は白色申告よりも節税が期待できる反面、帳簿のつけ方や決算書の作成など専門的な知識が必要です。間違った方法で青色申告をしたためにペナルティなどを受けないよう、どのように青色申告を進めれば良いか見ていきましょう。

青色申告を個人事業主がするとき

青色申告は複式簿記での帳簿づけが必要とされていますが、それだけでは申告することはできません。不備のない申告を行うためにも、個人事業主が青色申告するときには、どのような準備や手続きが必要となるのかをしっかりと押さえましょう。

領収書をまとめる

経費として計上したいものがある場合、それらを証明するための書類として領収書やレシートが必要となります。青色申告で提出を求められるようなことはありませんが、税務調査が入った時には調査対象となる重要な書類です。

個人事業主や法人には、経費として計上した領収書やレシートを保管しておく義務があり、個人事業主の場合は7年間保存しておかなければいけません。そのため、青色申告の際には帳簿につけた経費の領収書がすべて揃っているかを確認し、しっかりまとめて保存しておく必要があります。

特に、感熱紙に印刷されているレシートは注意が必要です。時間が経つと文字が消えてしまうことがあるので、普通紙でコピーを取っておくなどして、7年後でも問題なく見れるようにしておきましょう。

  • 領収書をまとめるのが面倒だという方は、写真でとって自動仕分けできる「自動会計ソフトfreee(フリー)」を活用しましょう。確定申告がかなり効率的になります!

税務署で書類を届出・提出する

青色申告を初めてする人は、まず税務署に青色申告で確定申告したい旨を税務署に届け出なければいけません。所得税の青色申告承認申請書を管轄の税務署に提出し、承認してもらうことで青色申告が可能となります。

1年間つけ続けた帳簿に問題がなく、領収書もすべて揃っていることが確認出来たら、税務署に提出するための書類を作成し提出します。個人事業主が青色申告で提出する書類は、所得税青色申告決算書と確定申告書Bの2種類です。

所得税青色申告決算書には売上や経費の内訳などを記載し、確定申告書Bには事業収入や所得控除、源泉徴収税額などを記載します。なお、これらの書類は税務署に直接取りに行ったり、郵送で請求したりすることもできますが、国税庁のHPからダウンロードすることも可能です。
また、提出方法は「税務署に直接持っていく」「郵送する」「e-taxでWebから送る」の3通りの方法があります。

個人事業主以外の人

給与所得者の所得税申告は勤め先が行っているため、基本的には確定申告の必要がありませんが、勤め先以外からの収入が1年間で20万円を超える場合には、別途確定申告が必要となります。なお、その場合には、白色申告で申告するケースが多いです。

しかし、収入の種類が事業所得、不動産所得、山林所得のいずれかに該当する場合に限り、給与所得者でも青色申告が可能となります。ただし、これら3つの所得があれば誰でも青色申告ができるという訳ではなく、このような場合でも事前に税務署で所得税の青色申告承認申請書を提出しておく必要があります。

青色申告を個人事業主がやるときの期限

青色申告は1年中いつでもできるというものではありません。青色申告を含めた確定申告の提出期間は、課税対象年の翌年の2月16日~3月15日と法律で定められています。

なお、この開始日と終了日が土日祝日だった場合は、休日明けの平日に振り替えられます。その他、青色申告の期限について注意すべき点について見ていきましょう。

青色申告の取り消しで期限後になってしまったとき

期限間近に青色申告が取り消され、申告が期限に間に合わなかった場合は、白色申告で期限後申告を行うことになります。白色申告になると、欠損金の繰越控除や65万円の特別控除などがなくなるため所得税が増え、さらに期限後申告のペナルティとして無申告加算税が賦課されることになるでしょう。

ただし、3月15日までに納税しており、4月15日までに自主的に申告書を提出していれば、過去の申告実績次第で無申告加算税は回避できる可能性があります。

青色申告の届出の期限とは?

青色申告をするために必要な青色申告承認の申請にも期限があります。この期限は、事業を開始してすぐに青色申告する場合と、これまで白色申告をしてきて青色申告に切り替える場合とで異なるので、自分がどちらに当てはまるのかを確認しましょう。

開業した年からすぐ青色申告をしたい場合、開業の日から2か月以内が青色申告の届出の期限となります。一方、白色申告から青色申告に切り替える場合は、青色申告で申告したい年度の3月15日が所得税の青色申告承認申請書の提出期限です。

具体的な例を挙げると、平成31年の1月から12月分の収入を青色申告で申告したいのならば、平成31年の3月15日までに届出を出すことになります。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

青色申告を個人事業主が行うときにおすすめのクラウド会計ソフト

青色申告は複雑な帳簿づけが必要になるため、慣れていない人にとっては難易度が高い作業です。そのため、帳簿づけから申告までをサポートしてくれるクラウド会計ソフトを頼るという方法があります。
クラウド会計ソフトを利用するとどんなメリットがあるのか、どんなクラウド会計ソフトがあるのかを見ていきましょう。

利用するメリットとは

クラウド会計ソフトを利用する最大のメリットは、複式簿記での帳簿づけを簡単に行うことができるという点でしょう。しかし、クラウド会計ソフトにはその他にもたくさんのメリットがあります。
クラウド会計ソフトだからこそのメリットについて見ていきましょう。

領収書をレシートで取得できる

表計算ソフトなどで帳簿をつける場合、領収書の情報は1つ1つ手入力する必要があります。しかし、多くのクラウド会計ソフトはスマホと連動しているため、レシートをスマホのカメラで撮影するだけでレシートの情報を入力することが可能です。

この機能によって、領収書の整理に必要だった時間と手間が大幅に削減されます。また、手入力によるミスも減るので、青色申告にとって致命的な計算ミスなどが起こりにくくなるでしょう。

青色申告と白色申告の税金の違いがわかる

クラウド会計ソフトは、青色申告のみならず白色申告にも対応しています。そのため、青色申告と白色申告のそれぞれの場合の税金を簡単に確認することが可能です。

それぞれの納税額を見比べることで、青色申告することによってどれくらい節税できるかが一目瞭然となります。そのため、まだ青色申告をしていない個人事業主にとっては、青色申告の届出を出すかどうかの良い判断材料となることでしょう。

電子申告で気軽に確定申告できる

確定申告の時期は税務署が非常に混むため、申告書類を提出するだけでも長時間待たされることがあります。しかし、電子申告ならば自宅にいながら24時間好きな時間に確定申告することが可能です。

また、クラウド会計ソフトも電子申告に対応しているものが多く、簡単に申告書類の作成・提出用データの生成ができるようになっています。なお、電子申告にはマイナンバーカードなどの電子証明書とそれを読み込むためのICカードリーダーが別途必要になります。

クラウド会計ソフトのfreee

自動会計ソフトfreee(フリー)」は月額980円(税抜き)から利用できるクラウド会計ソフトで、誰でも簡単に使いこなせるような仕様になっているのが特徴です。例えば、経理初心者には難しい勘定科目にはわかりやすい説明がついているので、迷わずにどんどんデータを入力することができるようになっています。

また、スマホアプリが充実しているのも「自動会計ソフトfreee(フリー)」の特徴で、スマホアプリのみで仕訳入力やレシートの読み込みから、確定申告書の作成まで可能です。さらに、銀行口座やクレジットカードと連携も可能で、一度登録してしまえば後は自動的に帳簿がつけられていきます。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

マネーフォワードクラウド

マネーフォワードクラウド会計」は機能ごとにサービスが分かれており、確定申告の機能のみを使うのであれば、年額0~17,200円(税抜き)で利用できます。無料の場合でも仕訳件数に制限がつくだけで基本的な機能は使えますし、月額800円払えば仕訳件数に制限なく利用でき、メール・チャットでのサポートを受けることも可能です。

こちらも銀行口座やクレジットカードを登録しておけば、取引明細は自動で入力されるので、面倒な手入力を減らすことができます。

マネーフォワードクラウド会計の詳細へ

やよいの青色申告オンライン‎

やよいの青色申告オンライン」‎は年額8,000円(税抜き)から利用することができますが、初年度はお試し期間として無料ですべての機能を使うことができます。やよいの青色申告オンライン‎も銀行口座やクレジットカードからの取引情報の取り込みや、スマホカメラでのレシート読み込み機能が備わっています。

また、取引・残高レポートをはじめとしたさまざまなレポートが自動で生成されるので、日々の資金繰りを管理するのに役立てることも可能です。

やよいの青色申告オンラインの詳細へ

青色申告のとき個人口座は用意しておくべき

青色申告を検討している段階だと、取引先との入出金のやり取り用口座を、家庭用の口座と兼用にしている場合があるでしょう。しかし、青色申告で申告を行う場合には、個人用と家庭用で口座はしっかりと分けておいた方が望ましいです。
なぜ口座を分けた方が良いのか見ていきましょう。

銀行口座はできれば用意する

青色申告用に帳簿をつける場合、事業にかかわる資産と負債をすべて帳簿につけなければいけません。そのため、事業関係の入出金がある口座の1年分の取引は、すべて事業にかかわるものとして帳簿づけをする必要があります。

そこで、事業とは関係ない家庭用のお金の出入りが取引として残ってしまうと、それらも「事業主貸」「事業主借」などの項目で帳簿に記録しなければいけなくなってしまうのです。ややこしい帳簿づけを少しでも簡単にさせるためにも、事業用の口座はできるだけ用意するようにしておきましょう。

法人用のクレジットカードもあると良い

事業で必要なものを購入するとき、クレジットカードで決済することもあるでしょう。このとき、事業用の口座から引き落としをする法人用のカードがあれば便利です。

もし、プライベート用のカードを使って決済したのならば、きっちりその金額分を事業用の口座からプライベート用の口座へと移動させなければいけません。しかし、法人用カードを用意しておけば、そのような手間が減ります。
そのため、事業用に口座を用意した際には、法人用のクレジットカードも一緒に用意すると良いでしょう。

法人でオススメのクレジットカード

筆者も利用していて、オススメのクレジットカードはこちらの2つです。

  • アメックスプラチナ
  • JCB法人カード

法人カードをえらんだ理由

支払いサイトが長めに設定されているので、短期のキャッシュフローをうまく回すことができること。 アメックスに関してはステータスもあるので会社を作ったらぜひ作ることをお勧めします。

私の場合の事例だと限度額は400万円でした。

青色申告ソフトのおすすめ

無料で利用できるのは

クラウド会計ソフトの「自動会計ソフトfreee(フリー)」は、無料で利用することができます。個人事業主で1人で利用する場合などは特に有料プランにする必要はありません。いくつかのプランに分かれているのでアカウントに誰を追加するのか、会社単位で利用するなどある場合は有料プランになります。

青色申告ソフトの価格はどれくらい?

青色申告に利用する場合、MFクラウド、「自動会計ソフトfreee(フリー)」、「やよいの青色申告オンライン」でサービスによって異なります。

freeeの個人利用プランの場合の料金体系

スターター スタンダード プレミアム
料金
(円/年)
9,800円 19,800円 39,800円
料金
(円/月)
980円 1,980円 年額払いのみ
主な機能 基本的な記帳
ファイル保存(月5枚まで)
確定申告の書類出力、
請求書 / 見積書 / 納品書作成、決算書作成
スタータープランの全機能、
ファイル保存無制限、
請求・支払の効率化、
売掛・買掛レポート、資金繰りレポート、消費税申告機能
スタンダード全機能
カスタム権限管理
仕訳承認
仮締め
部門階層
配賦計算
電子帳簿保存
経費精算
サポート チャット + メール チャット + メール(優先対応) チャット+メール+電話

freeeでの青色申告

自動会計ソフトfreee(フリー)」での青色申告は白色申告から切り替えるだけで良いので特に不便はありません。仕訳も白色申告の時と同じように利用するだけで青色申告ができるので新しく何かを覚えなければいけないということもありません。

確定申告は20万円以上事業所得がある方は必要なので、白色の時からクラウド会計ソフトに慣れておくと良いですね。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

青色申告ソフトでの経費

特に「自動会計ソフトfreee(フリー)」を利用した場合になりますが、家事按分などの計算も非常にやりやすいです。通信費・家賃などを入力して合計値が出て来ます。そこから家賃なら自分の家の平米の中で仕事に利用している部分を%で出して割り出します。

・120万円の年間の家賃であるなら、50%を家の中で事業に利用するなら60万円までは経費として計上することができます。

会計ソフトの違い

freeeの利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【個人向け】980~3,980円/月
【法人向け】1,980円 or 3,980円/月
30日 ×

MFクラウドの利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【セルフプラン】26,000円/年
【ベーシックプラン】30,000円/年
2か月 ×

やよいの青色申告オンライン」の利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【白色申告】0円/年
【青色申告】8,000円/年
14か月

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

青色申告を個人事業主がやるときのやり方

届出・申請のやり方

申請のやり方は最寄りの税務署に申請する必要があります。申請は簡単にできますので書類をもらって来て、申請して見ましょう。申請して窓口ですぐに処理されます。

帳簿の付け方

複式簿記で記述する必要があります。これを書類で管理しようとするとなると
かなり大変です。それが面倒だという方は、クラウド会計ソフト「自動会計ソフトfreee(フリー)」がおすすめです。

自動会計ソフトfreee(フリー)」ではほぼ自動で計算して帳簿をつけることができます。本業に集中して自動で仕訳したいならクラウド会計ソフトを利用することをおすすめします。

個人事業主で副業するとき

個人事業主でも事業所得が低い場合は白色申告で問題ありません。控除金額が白色申告の場合10万円ですので、事業所得が増えて来た場合は65万円の特別控除があるので切り替えることをおすすめします。
金額は目安が1000万の事業所得と言われていますが、それ以下の場合は白色申告でも問題ないかもしれません。

個人事業主で経費をどうつけるか

個人事業主で経費をつけるときはその事業が何かにもよります。最近ではyoutuberが有名ですが、youtuberの場合は動画の中で商品を紹介することもありますし、カメラやPCなど機材も経費にすることもできます。このように事業を何をやっているかにもよりますね。

基本的につけられるものは、家賃、通信費、交際費、飲食代、会議費などが考えらえます。経費をつけなければ全額税金になりますので、節税を考えるのであれば、しっかりデータで管理するようにしましょう。

データの管理のためにはクラウド会計ソフトがおすすめです。特にレシート添付など簡単にできる場合は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」がおすすめです。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

個人事業主で書き方に悩んでいる方

書き方に悩んでいる方は、クラウド会計ソフトがおすすめです。クレジットカードや銀行取引のデータが全て自動で仕訳されます。最終確認を安めの税理士さんなどに依頼すればほぼ自分で何もすることなく決算、確定申告することができますよ。

青色申告をサラリーマンがやる場合

副業では必要?

青色申告をする必要がある人は、副業でもいます。副業で1000万円稼いでいるサラリーマンの方は
青色申告した方が特別控除が65万円なのでやった方がお得です。支払う税金を考慮するのであれば、
さらに税理士ドットコムなどで細かく聞いた方が良いですね。

年収はどれくらいから必要か?

年収は1000万円前後から青色申告が良いですね。細かく知りたい場合は、税理士ドットコムで税理士さんに無料で聞くのも良いですし、「自動会計ソフトfreee(フリー)」を利用してアプリを使って白色申告の時と青色申告のときどっちが税金が安くなるかを比較することができます。

税金を少しでも抑えたいなら「自動会計ソフトfreee(フリー)」のアプリを利用してみることをおすすめします!

ふるさと納税はやるべき?

ふるさと納税は、社会保険・国民年金・国民健康保険などの支払い金額、不要、不動産などの金額によってもふるさと納税の上限金額が異なります。細かく知りたい場合は、さとふるなどのふるさと納税のサイトでシミュレーションしたり、税理士に依頼して細かく計算してもらうと良いですよ。

ここからは青色申告と白色申告の違いなどについてご紹介します。

青色申告と白色申告の差額とは

青色申告と白色申告にしたときの違いを早く調べる方法は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」のアプリを利用することをおすすめします。無料でfreeeをまず試して見て、そのあとにアプリを利用することで青色と白色を切り替えて、比較することができます。

青色申告と白色申告でサラリーマンはどうする

サラリーマンの場合でも年収によって異なります。1000万円以下の場合は白色で問題ないですが、それ以上の場合は特別控除があるので青色申告にすることをおすすめします。

その上である利益ベースで2500-3000万円程度に行くのであれば、法人化の検討もするべきですね。個人の税金よりも法人税の方が安くなって来ます。

freeeの使い方

freeeの始め方

自動会計ソフトfreee(フリー)」の登録をしたとの画面はこのような画面になっています。この後銀行連携とクレジットカード連携を進めていきます。

freeeでは個人事業主や副業にぴったりの請求書管理もできる

副業をやるときに請求書はつきものです。例に挙げているような開発案件だけではなく、何かの運用案件、事務、細かい作業などもこのような形で、詳細を記載して請求書をクライアントに提出します。

請求書がなければクライアントも困りますし、個人としてもお金の管理がしにくくなります。請求書を送ったけど振り込まれていないなら振り込んでもらえるようにクライアントに要求したり。 請求書管理がしやすいのが「自動会計ソフトfreee(フリー)」の特徴です。

freeeの一番のメリット自動仕訳が非常に楽!

このような形でクレジットカードの引き落とし情報が一覧で並んで来ます。それに対して費用、細かいタグを設定することによって学習していってくれます。同じような項目がある場合自動で仕訳てくれるので面倒なことがありません。

本業で集中したいという人はクラウド会計ソフトの利用はほぼ必須ですね!

確定申告のステップ作成で不安なく確定申告が済む!

このような形で確定申告を進めるときにステップ形式で進めることができるので安心して確定申告まで進めることができます。最終的にできたものを電子申告することもできるので、なんの面倒もなく確定申告を終わらせることができます。

確定申告を早く・効率的に終わらせたい、税理士に依頼するのも時間がかかり、お金がかかるので抑えたいという方は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」の利用は必須です。無料で利用を開始しましょう!

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

副業サラリーマン・社会人・フリーランス・個人事業主・自営業者の方の悩みを解決!

まず、そもそも確定申告っていつまでにするべきなの?いつまでにした方がいい?確定申告するべき条件はなにか?に付いてご紹介します。

確定申告をいつするべき・確定申告が必要な人

確定申告は毎年2月16日〜3月15日までに行う必要があります。 副業で収入が多くある方(年間の所得金額が20万円以上:サラリーマンの方は給与所得以外の所得金額)は、確定申告をする必要があります。 早めに領収書をためておかなければ、事業関連で使ったお金を経費にできなくて税金が多くかかるので困ってしまいます。

3月15日前後になって忙しくなるより、早めに確定申告の準備をすることをオススメします。そして、確定申告は「自動会計ソフトfreee(フリー)」がオススメです。

freee(フリー)でクレジットカードを連携、銀行口座を連携しておくと、収入支出の金額や項目を自動で記帳・振り分けの登録ができます。全て現金でやり取りするというのは非常に手間ですし、何か記録に残しておかなければいけません。

しかし、「freee(フリー)」では、クレジットカード・銀行連携をすることで自分の入出金を一緒に管理できるのでオススメです。

税理士ドットコムの公式サイトへ

freeeは、個人事業主、中小企業の経営者向けのサービスを運営しています。そのほかで利用をおすすめするサービスをあわせてご紹介しておきますので、使い分けてぜひ本業に集中してみてくださいね。

確定申告までに領収書整理・節税対策を! 残り 節税・節約・経費精算などの対応はお早めに!必要なサービスを紹介しています。

  • 【第1位】 『自動会計ソフトのfreee(フリー)14ヶ月連続1位
    自分で計算 / 記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)
  • 【第2位】 税理士ドットコム 仕分け・節税で悩んだら、税理士に相談しましょう! 日本最大級税理士相談サイト(おすすめ!

各都道府県の青色申告の会計ソフト・決算書の書き方・やり方・控除・申告書・経費・帳簿の付け方の地域から探す