各都道府県の青色申告の会計ソフト・決算書の書き方・やり方・控除・申告書・経費・帳簿の付け方

最終更新日:2019年01月01日

確定申告までに領収書整理・節税対策を! 残り 節税・節約・経費精算などの対応はお早めに!必要なサービスを紹介しています。

  • 【第1位】 『自動会計ソフトのfreee(フリー)14ヶ月連続1位
    自分で計算 / 記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)
  • 【第2位】 税理士ドットコム 仕分け・節税で悩んだら、税理士に相談しましょう! 日本最大級税理士相談サイト(おすすめ!

まず、期間限定で利用をおすすめ。 自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

このサイト・この記事の目的

  • 副業をしているサラリーマンの方
  • フリーランスの方
  • 自営業者・事業主で業務委託の方を雇用されている方
  • 初めて確定申告される不安な方
  • 自営業者・個人事業主の方

などを対象に書かせていただいております。確定申告の問題を一気に解決していきましょう。

著者は、学生時代から 確定申告を個人事業主として行なっていて、副業でサラリーマンの時も確定申告をしていて、現在は起業をした個人です。

税理士・ファイナンシャルプランナーの方から教えていただいた知識・経験を元に読者の皆さんに信頼できる情報を書かせていただいております。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!

想定の読者の方

上記の方であれば、下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

お悩みごとにこのページの見出しに遷移しますので、興味があるところをチェックして見てください。

ここからは、それぞれの悩み応じた解決策をご紹介していきます!

忙しくて読めないという方で、登録2分・利用料金無料で確定申告を早く解決したい方には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!

青色申告ソフトのおすすめ

無料で利用できるのは

クラウド会計ソフトの「自動会計ソフトfreee(フリー)」は、無料で利用することができます。個人事業主で1人で利用する場合などは特に有料プランにする必要はありません。いくつかのプランに分かれているのでアカウントに誰を追加するのか、会社単位で利用するなどある場合は有料プランになります。

青色申告ソフトの価格はどれくらい?

青色申告に利用する場合、MFクラウド、「自動会計ソフトfreee(フリー)」、「弥生会計ソフト」でサービスによって異なります。

freeeの個人利用プランの場合の料金体系

スターター スタンダード プレミアム
料金 (円/年) 9,800円 19,800円 39,800円
料金  (円/月) 980円 1,980円 年額払いのみ
主な機能 基本的な記帳
ファイル保存(月5枚まで)
確定申告の書類出力、
請求書 / 見積書 / 納品書作成、決算書作成
スタータープランの全機能、
ファイル保存無制限、
請求・支払の効率化、
売掛・買掛レポート、資金繰りレポート、消費税申告機能
スタンダード全機能
カスタム権限管理
仕訳承認
仮締め
部門階層
配賦計算
電子帳簿保存
経費精算
サポート チャット + メール チャット + メール(優先対応) チャット+メール+電話

freeeでの青色申告

自動会計ソフトfreee(フリー)」での青色申告は白色申告から切り替えるだけで良いので特に不便はありません。仕訳も白色申告の時と同じように利用するだけで青色申告ができるので新しく何かを覚えなければいけないということもありません。

確定申告は20万円以上事業所得がある方は必要なので、白色の時からクラウド会計ソフトに慣れておくと良いですね。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

青色申告ソフトでの経費

特に「自動会計ソフトfreee(フリー)」を利用した場合になりますが、家事按分などの計算も非常にやりやすいです。通信費・家賃などを入力して合計値が出て来ます。そこから家賃なら自分の家の平米の中で仕事に利用している部分を%で出して割り出します。

・120万円の年間の家賃であるなら、50%を家の中で事業に利用するなら60万円までは経費として計上することができます。

会計ソフトの違い

freeeの利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【個人向け】980~3,980円/月
【法人向け】1,980円 or 3,980円/月
30日 ×

MFクラウドの利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【セルフプラン】26,000円/年
【ベーシックプラン】30,000円/年
2か月 ×

弥生会計ソフト」の利用料金・プラン

販売価格 無料お試し期間 無料プラン
【白色申告】0円/年
【青色申告】8,000円/年
14か月

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

青色申告を個人事業主がやるときのやり方

届出・申請のやり方

申請のやり方は最寄りの税務署に申請する必要があります。申請は簡単にできますので書類をもらって来て、申請して見ましょう。申請して窓口ですぐに処理されます。

帳簿の付け方

複式簿記で記述する必要があります。これを書類で管理しようとするとなると
かなり大変です。それが面倒だという方は、クラウド会計ソフト「自動会計ソフトfreee(フリー)」がおすすめです。

自動会計ソフトfreee(フリー)」ではほぼ自動で計算して帳簿をつけることができます。本業に集中して自動で仕訳したいならクラウド会計ソフトを利用することをおすすめします。

個人事業主で副業するとき

個人事業主でも事業所得が低い場合は白色申告で問題ありません。控除金額が白色申告の場合10万円ですので、事業所得が増えて来た場合は65万円の特別控除があるので切り替えることをおすすめします。
金額は目安が1000万の事業所得と言われていますが、それ以下の場合は白色申告でも問題ないかもしれません。

個人事業主で経費をどうつけるか

個人事業主で経費をつけるときはその事業が何かにもよります。最近ではyoutuberが有名ですが、youtuberの場合は動画の中で商品を紹介することもありますし、カメラやPCなど機材も経費にすることもできます。このように事業を何をやっているかにもよりますね。

基本的につけられるものは、家賃、通信費、交際費、飲食代、会議費などが考えらえます。経費をつけなければ全額税金になりますので、節税を考えるのであれば、しっかりデータで管理するようにしましょう。

データの管理のためにはクラウド会計ソフトがおすすめです。特にレシート添付など簡単にできる場合は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」がおすすめです。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

個人事業主で書き方に悩んでいる方

書き方に悩んでいる方は、クラウド会計ソフトがおすすめです。クレジットカードや銀行取引のデータが全て自動で仕訳されます。最終確認を安めの税理士さんなどに依頼すればほぼ自分で何もすることなく決算、確定申告することができますよ。

青色申告をサラリーマンがやる場合

副業では必要?

青色申告をする必要がある人は、副業でもいます。副業で1000万円稼いでいるサラリーマンの方は
青色申告した方が特別控除が65万円なのでやった方がお得です。支払う税金を考慮するのであれば、
さらに税理士ドットコムなどで細かく聞いた方が良いですね。

年収はどれくらいから必要か?

年収は1000万円前後から青色申告が良いですね。細かく知りたい場合は、税理士ドットコムで税理士さんに無料で聞くのも良いですし、「自動会計ソフトfreee(フリー)」を利用してアプリを使って白色申告の時と青色申告のときどっちが税金が安くなるかを比較することができます。

税金を少しでも抑えたいなら「自動会計ソフトfreee(フリー)」のアプリを利用してみることをおすすめします!

ふるさと納税はやるべき?

ふるさと納税は、社会保険・国民年金・国民健康保険などの支払い金額、不要、不動産などの金額によってもふるさと納税の上限金額が異なります。細かく知りたい場合は、さとふるなどのふるさと納税のサイトでシミュレーションしたり、税理士に依頼して細かく計算してもらうと良いですよ。

ここからは青色申告と白色申告の違いなどについてご紹介します。

青色申告と白色申告の差額とは

青色申告と白色申告にしたときの違いを早く調べる方法は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」のアプリを利用することをおすすめします。無料でfreeeをまず試して見て、そのあとにアプリを利用することで青色と白色を切り替えて、比較することができます。

青色申告と白色申告でサラリーマンはどうする

サラリーマンの場合でも年収によって異なります。1000万円以下の場合は白色で問題ないですが、それ以上の場合は特別控除があるので青色申告にすることをおすすめします。

その上である利益ベースで2500-3000万円程度に行くのであれば、法人化の検討もするべきですね。個人の税金よりも法人税の方が安くなって来ます。

freeeの使い方

freeeの始め方

自動会計ソフトfreee(フリー)」の登録をしたとの画面はこのような画面になっています。この後銀行連携とクレジットカード連携を進めていきます。

freeeでは個人事業主や副業にぴったりの請求書管理もできる

副業をやるときに請求書はつきものです。例に挙げているような開発案件だけではなく、何かの運用案件、事務、細かい作業などもこのような形で、詳細を記載して請求書をクライアントに提出します。

請求書がなければクライアントも困りますし、個人としてもお金の管理がしにくくなります。請求書を送ったけど振り込まれていないなら振り込んでもらえるようにクライアントに要求したり。 請求書管理がしやすいのが「自動会計ソフトfreee(フリー)」の特徴です。

freeeの一番のメリット自動仕訳が非常に楽!

このような形でクレジットカードの引き落とし情報が一覧で並んで来ます。それに対して費用、細かいタグを設定することによって学習していってくれます。同じような項目がある場合自動で仕訳てくれるので面倒なことがありません。

本業で集中したいという人はクラウド会計ソフトの利用はほぼ必須ですね!

確定申告のステップ作成で不安なく確定申告が済む!

このような形で確定申告を進めるときにステップ形式で進めることができるので安心して確定申告まで進めることができます。最終的にできたものを電子申告することもできるので、なんの面倒もなく確定申告を終わらせることができます。

確定申告を早く・効率的に終わらせたい、税理士に依頼するのも時間がかかり、お金がかかるので抑えたいという方は、「自動会計ソフトfreee(フリー)」の利用は必須です。無料で利用を開始しましょう!

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

副業サラリーマン・社会人・フリーランス・個人事業主・自営業者の方の悩みを解決!

まず、そもそも確定申告っていつまでにするべきなの?いつまでにした方がいい?確定申告するべき条件はなにか?に付いてご紹介します。

確定申告をいつするべき・確定申告が必要な人

確定申告は毎年2月16日〜3月15日までに行う必要があります。 副業で収入が多くある方(年間の所得金額が20万円以上:サラリーマンの方は給与所得以外の所得金額)は、確定申告をする必要があります。 早めに領収書をためておかなければ、事業関連で使ったお金を経費にできなくて税金が多くかかるので困ってしまいます。

3月15日前後になって忙しくなるより、早めに確定申告の準備をすることをオススメします。そして、確定申告は「自動会計ソフトfreee(フリー)」がオススメです。

freee(フリー)でクレジットカードを連携、銀行口座を連携しておくと、収入支出の金額や項目を自動で記帳・振り分けの登録ができます。全て現金でやり取りするというのは非常に手間ですし、何か記録に残しておかなければいけません。

しかし、「freee(フリー)」では、クレジットカード・銀行連携をすることで自分の入出金を一緒に管理できるのでオススメです。

税理士ドットコムの公式サイトへ

freeeは、個人事業主、中小企業の経営者向けのサービスを運営しています。そのほかで利用をおすすめするサービスをあわせてご紹介しておきますので、使い分けてぜひ本業に集中してみてくださいね。

確定申告までに領収書整理・節税対策を! 残り 節税・節約・経費精算などの対応はお早めに!必要なサービスを紹介しています。

  • 【第1位】 『自動会計ソフトのfreee(フリー)14ヶ月連続1位
    自分で計算 / 記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)
  • 【第2位】 税理士ドットコム 仕分け・節税で悩んだら、税理士に相談しましょう! 日本最大級税理士相談サイト(おすすめ!

各都道府県の青色申告の会計ソフト・決算書の書き方・やり方・控除・申告書・経費・帳簿の付け方の地域から探す