各都道府県のおすすめの保険代理店・相談窓口、見積もり、保険料・切り替えのタイミングまとめ

最終更新日:2018年10月1日

2018年最新! ▼当サイトから申し込みが多い保険相談ができるサービス

【1位】 保険コネクト 20ヶ月連続1位!(保険を比較して、最安値を探そう!)

【2位】 みんなの生命保険アドバイザー 人気急上昇中!

【3位】 自動会計ソフトfreee(フリー) 自分で計算したいけど、記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)

各都道府県ごとの保険会社の特徴や料金・保険の窓口・見直し本舗の評判や口コミ、そのほかファイナンシャルプランナーや保険に損しないための保険相談・比較・見積もりなどの情報をまとめて掲載しています。保険は長期的に損をする可能性がありますので、保険で損しないための情報を掲載して行きます。

このサイト・この記事の目的

保険を入るか悩んでいる、会社員、自営業、主婦、新婚の方・これから子供が生まれるかたの方、転職を考えている方などを対象に書かせていただいております。

著者は、独立系のファイナンシャルプランナーと仕事をしている個人です。

税理士・ファイナンシャルプランナーの方から教えていただいた知識・経験を元に読者の皆さんに信頼できる情報を書かせていただいております。

想定の読者の方

保険の新規、見直しを考えている、保険料が高いのではないかと考えている、保険が必要かどうかの相談をしたいなど、悩みをお持ちではないでしょうか。

このページでは、保険についてのお悩みを解決していきます!

ここからは、それぞれの悩み応じた解決策をご紹介していきます!

「保険への加入を検討しているが、誰に相談したらよいのかわからない」と悩んでいる人が少なくありません。そういった人は、保険代理店で相談してみることをおすすめします。この記事では、おすすめの保険代理店や、その特徴などを紹介していきます。また、相談や見積もりのタイミングなども解説していくので、せひ保険を選ぶ際の参考にしてください。

保険の見直しや新規の相談をできる代理店ってどういう所?

ネットで申し込むダイレクト型保険と違い、保険代理店では対面で保険の相談をすることができます。そのため、 「保険の加入は初めてなので、全く知識がない」という人でも安心して利用できるという特徴があります。

どういった保険代理店があるのか、さっそくみていきましょう。

保険の窓口とは

「保険の窓口」は、街の主要な位置によくありますよね。CMなどでもおなじみの大手保険代理店です。来店型の保険ショップのなかでは全国ナンバーワンの店舗数を誇っており、その数は640店舗を超えています。(2018年10月現在)

非常に多くの取引実績を持っており、一人一人のライフプランに合わせた提案をしてもらうことができます。

https://bit.ly/2Pul0AR

特徴・メリット

保険の窓口は非常に多くの保険会社の商品を取り扱っているという特徴があります。 ひとつの窓口で、27社の生命保険と17社の損害保険という非常に幅広い選択肢のなかから商品を選ぶことが可能です。

保険の専門家が基本的な仕組みからわかりやすく説明してくれるため、自分に合った最適な保険プランを組むことができます。もちろん、相談料などもかかりません。

口コミ・評判ってどんな感じ?

「保険の基本から教えてくれたので、わかりやすかった」「細かい疑問にも答えてもらえたので安心だった」などのように、スタッフの丁寧な説明を評価する声が目立ちます。

また、 「さまざまな保険会社を比較して、納得できる保険プランになった」「選択肢が多く、自分の希望に沿った商品を紹介してもらえた」といった、取り扱い保険会社の多さを評価する声も聞かれました。

運営会社・会社概要

「保険の窓口」は、「ほけんの窓口グループ株式会社」によって運営されている保険代理店ネットワークです。全国の店舗は「ほけんの窓口グループ株式会社」直営の店舗と「フランチャイズ」加盟店舗とがありますが、サービス内容などに大きな違いはありません。

「ほけんの窓口グループ株式会社」は、資本金10億2,450万円・従業員数3,148名(2018年6月末現在)という規模です。健康経営優良法人認定制度(経済産業省などが主催)で「健康経営優良法人・大規模法人部門(ホワイト500)」に認定されている優良会社です。

保険の見直しなどができる保険のビュッフェとは

人気俳優のCMで知られている 「保険のビュッフェ」は、顧客満足度95%の高いサービスレベルが特徴の保険代理店です。ライフステージに応じた保険の提案に強みを持っています。

また、保険だけでなく将来の貯蓄計画など、トータルにお金の相談をすることができる保険代理店です。
https://bit.ly/2F3Cj7Z

特徴・メリット

「保険のビュッフェ」は、 1,000人を超える「ファイナンシャルプランナー(Financial Planner=FP)」を抱えていることが特徴
です。家計や年金、税金といったあらゆるお金に関する相談に乗ることができるため、ライフプランを総合的に検討したうえでの保険プランを立ててもらうことができます。

また、店舗で相談する「来店型」のほかに、自宅でじっくりと相談できる「出張型」というサービスも用意されています。

口コミ・評判ってどんな感じ?

「保険の相談だけでなく、ライフプランを見直すきっかけにもなりました」「保険だけでなく、総合的な資産形成の方法を学ぶことができました」といったように、FPならではのコンサルティング能力を評価する声が多く聞かれました。

「ライフプランについて何回も相談に乗ってもらい、非常に助かっています」など、相談が無料であることも人気の理由のようです。

運営会社・会社概要

「保険のビュッフェ」は、保険代理店「株式会社FPパートナー」によって運営されるサービスです。「株式会社FPパートナー」は2009年12月に設立され、資本金1億円・従業員数1,228名(2018年1月1日現在)という規模になります。

本社は東京都新宿区で、全国に50以上の拠点を展開中です。

保険見直し本舗とは

「保険見直し本舗」は、保険の見直しだけでなく、新規の相談でも定評のある保険代理店です。有名男性タレントのCMなどで知名度も高く、契約実績は100万件を超えています。

いったいどのような特徴があるのか、さっそくみていきましょう。
https://bit.ly/2yH2kE9

特徴・メリット

「保険見直し本舗」は、 全国に252店舗(2018年10月現在)を展開していますが、その全てが直営店であるという特徴があります。どこの店舗でもレベルの高いコンサルティングアドバイザーに対応してもらえるので安心です。

また、 40社以上の保険会社と提携しているため、豊富な商品のなかから選択できるというメリットもあります。保険のプロが最適なプランを提案してくれるため、商品が多すぎて迷ってしまう心配もありません。

口コミ・評判ってどんな感じ?

「全く知識のない自分にもわかりやすく説明してくれました」「一から丁寧に説明してくれたので、納得して選ぶことができました」といったように、コンサルティングアドバイザーの対応に安心感があるという評価が多くみられました。

「子供が生まれた際、最適な保険の見直しができました」「加入している保険の保障内容が重複していることがわかりました」など、保険の見直しのスキルについても高く評価されているようです。

上場企業が運営する、LIFULL保険相談とは

「LIFULL保険相談」は、全国の保険代理店と提携している「保険予約サイト」です。 自分の都合に合わせて保険ショップを選ぶことのできる予約窓口サービスで、相談や成約時などの手数料などは一切かかりません

https://bit.ly/2COYOe2

特徴・メリット

「LIFULL保険相談」は、保険会社はもちろん、保険代理店も自由に選ぶことのできるサービスです。「イオン保険サービス」や「アフラック」、「保険見直し本舗」などの大手保険代理店と提携しており、 選べる保険ショップの数は全国で1,200店舗にのぼります。

非常に多くの選択肢が用意されているため、ほとんどの人の保険に関するニーズを満たすことができます。

口コミ・評判ってどうなのか?

「ネットを使って、数分で予約することができました」「近所の保険ショップがすぐにみつかり、よかったです」といったような、利便性を高く評価する声が多く聞かれました。

また、「強引な勧誘もなく、安心して相談することができました」「何度も無料で相談してもらい、感謝しています」という声も聞かれました。

提携している保険ショップのサービスの質に対する評価も高いようです。

運営会社・会社概要

「LIFULL保険相談」は、「株式会社LIFULL FinTech」によって運営されています。「株式会社LIFULL FinTech」は、2015年7月に設立され、広告事業や募集代理店業務などを中心に行っています。

代表的なサービスは、LIFULL保険相談のほかに「LIFULL住宅ローン」「LIFULL保険比較」などがあります。

対話を重視した来店型の、保険テラスとは

「保険テラス」は、 顧客との対話を重視する来店型の保険コンサルティングショップです。全国のショッピングモールなどに店舗を展開しており、カフェのような落ち着いた雰囲気のインテリアで知られています。

https://bit.ly/2SwfuMM

特徴・メリット

「保険テラス」は、 保険に関する相談から、契約、アフターフォローまでをワンストップでサポートする体制を整えています。開放感があり居心地のよい店舗や、誠実さを大切にした保険相談スタッフの対応など、あらゆるサービスが上質であることが特徴です。

顧客の人生や価値観を親身になって聞き、 「ライフバリュー」や「ライフプラン」を共有したうえで、30社以上の保険会社の商品のなかから最適な保険プランを提案します。

口コミ・評判ってどうなのか?

「いきなり商品説明を始めるようなことはなく、こちらの話をたくさん聞いてもらえました」「将来の不安や希望などを親身に聞いてもらい、安心できました」といったように、顧客のライフバリューを大切にするスタッフの対応を評価する声が目立ちました。

また、「カフェのような落ち着いた雰囲気で、リラックスして話すことができました」 「明るく清潔感があり、安心して入ることができました」という声も多く、店舗のインテリアや雰囲気が高い評価を得ていることがわかります。

運営会社・会社概要

「保険テラス」は「株式会社ETERNAL」によって運営されています。「株式会社ETERNAL」は2005年6月に設立され、生命保険・損害保険の保険代理店事業や経営コンサルティング事業などを行っています。

本部は兵庫県神戸市中央区で、本社は東京都港区南青山に構えられています。現在は資本金5,000万円・従業員数230名(2017年1月現在)という規模です。

保険の代理店のメリット・デメリットとは

インターネットが普及するにつれて、ダイレクト型保険がシェアを拡大してきました。しかし、インターネットの発達によってこのところ対面型の保険代理店の人気が高まっています。

全国にチェーン展開をする保険代理店も増えてきており、活況の様相を呈しています。注目を集めている保険代理店ですが、いったいどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。それぞれみていきましょう。

メリット

対面形式で相談できる

保険代理店は、「対面形式で相談ができる」というメリットがあります。保険の仕組みは非常に複雑であるため、自分で調べようと思ってもわかりにくい部分が少なくありません。

複数社の保険を比較・検討できる

保険代理店に行けば、保険のプロがわかりやすく解説してくれるうえに、 自分に最適な保険プランを提示してもらうことができます。また、「複数社の保険を比較・検討できる」ということも大きなメリットのひとつです。

ダイレクト型保険の場合、当然ながらその会社の保険しか調べることができません。保険代理店に相談すれば、複数の保険会社のなかから、希望に合った商品をピックアップしてもらうことができます。

デメリット

保険料が高くなる

保険代理店の場合、ダイレクト保険に比べて「保険料が高くなる」というデメリットがあります。人件費や店舗の維持費用などが発生するため、どうしても価格に反映してしまうのです。

特に自動車保険の場合、価格に大きな差がみられます。また、「スタッフの知識・スキルの差」という問題もあります。
保険代理店のスタッフ全員が経験豊富なプロというわけではありません。経験不足な担当者にあたってしまった場合、提示された保険プランが妥当でないというケースもあります。

保険の相談はどうすれば良い?

保険代理店に行こうと思っているものの、何を話せばいいのかわからないという人もいるかもしれません。ここでは、保険の相談の仕方について解説していきます。

適切な相談の仕方を知っておけば、保険に関する有用なアドバイスをもらうことができます。

相談や比較はどのようにする?

保険について相談をする場合は、あらかじめ自分のライフプランを考えておくことが大切です。もちろん、保険を選ぶのに必要な情報はスタッフが上手に聞き出してくれますが、ライフプランなどを事前にまとめておけば、短時間で深い相談ができます。

また、人生における優先順位が明確になっていれば、保険の比較もしやすくなります。

何店舗か訪れていくつかアドバイスをもらう

複数の店舗を訪問することで、自分にあった保険代理店と出会える可能性が高くなります。

また、さまざまな視点からアドバイスをもらうことで、客観的に自分のライフプランを見つめ直すことができるようになり、最適な保険を選ぶことが可能になります。

電話相談よりも直接の方がしっかり聞ける

保険代理店は電話での相談を受け付けているところがほとんどですが、店舗に行った方がより深い相談をすることができます。保険の仕組みなどについても、対面でスタッフから直接説明してもらった方が、しっかり聞いて理解することができます。

ネットからの予約が場所と時間が決まるのでおすすめ

フラっと保険代理店の店舗に入って相談することもできますが、ほかの予約が入っていてあまり時間が取れないということもあります。そのため、事前にアポイントを取ってから相談に行った方が確実です。
予約はネットから簡単に取ることができます。

保険の自動車、医療、バイクでの見積もりするときのポイントは?

自動車保険や医療保険、バイク保険の場合は、条件によって保険料が細かく上下します。そのため、これらの保険の申し込みを検討している場合は、事前に見積もりを出してもらうことが大切です。
ここでは見積もりをもらう際のポイントについて解説していきます。

自動車保険・医療保険の一括比較することがおすすめ

自動車保険や医療保険などは、一括見積もりを依頼して比較することがおすすめです。会社によってかなり保険料が変わるため、1社のみの金額をみて決めてしまうと、あとで後悔することにもなりかねません。

複数の保険会社の料金を把握したうえで選択することが大切です。

比較して会社ごとの特徴をつかむこと

保険会社によって、力を入れている分野や優遇する条件などが異なります。

例えば 自動車保険の場合、「全般的に安い」「全般的に安くないが、特定の条件を満たすと非常に安い」といったような違いがあります。
医療保険の場合も、病歴などによって選ぶべき保険会社が異なってきます。保険会社を比較して、特徴をつかむことが大切です。

見積もりが必要ないときの断り方

保険代理店に相談に行ったものの、「見積もりまではいらない」というケースがあるかもしれません。そういった場合は、その旨をはっきりと伝えることが大切です。
ポイントは「こちらから連絡する」といって断ることです。曖昧にしておくことはおすすめできません。

保険の切り替えタイミングとは?

現在加入している保険の見直しを検討しているものの、「どのタイミングで切り替えたらよいのかわからない」という人も少なくありません。そういった人のために、ここでは保険の切り替えに最適なタイミングについて解説していきます。

結婚するとき

保険代理店に行こうと思っているものの、何を話せばいいのかわからないという人もいるかもしれません。ここでは、保険の相談の仕方について解説していきます。

適切な相談の仕方を知っておけば、保険に関する有用なアドバイスをもらうことができます。

  • LIFULL保険相談は、タイミングを合わせて保険の相談ができるのでおすすめ!

子供が生まれたとき

子どもが生まれた場合は、今後のライフプランを再検討することが大切です。そのうえで、「生命保険」や「死亡保障」などを見直すことが必要になります。

また、子どもの教育資金の準備として「学資保険」などを検討するタイミングでもあります。

家を購入するとき

自宅をローンで購入した場合は、ほとんどの人が「団体信用生命保険(団信)」に加入します。万が一契約者が死亡したり高度障害を負った場合は、保険によって住宅ローンが清算されます。

つまり、団信に加入した時点で「住居費」に関する保険は不要になります。そのため、生命保険などで「住居費」も想定していた場合は、切り替えのタイミングとなります。

会社をやめるとき・転勤するとき

会社をやめる場合は、厚生年金から国民年金に変わることがほとんどです。その場合、厚生年金と国民年金の保障の差が発生する可能性が高くなります。

そのため、個人年金保険などを切り替えるタイミングといえます。転勤でマイホームを購入する場合も保険見直しのタイミングです。

就職するとき

経済的に自立する就職は、さまざまな保険に入る人が多いタイミングです。同時に、これまで親が加入してくれていた保険を切り替えるタイミングでもあります。

年齢が上がってからの加入や変更は保険料が高くなる可能性があるので、早い段階での確認が必要です。

注意点

保険の見直しや切り替えが必要なタイミングは、経済的な変化や家庭環境の変化があったときだけではありません。

これ以外でもライフステージの変化があった場合は、その都度保険代理店などに相談して、今の保険内容が適切かどうかをこまめにチェックすることが大切です。

各都道府県のおすすめの保険代理店・相談窓口、見積もり、保険料・切り替えのタイミングまとめの地域から探す