IT関連の企業へ転職・就職したいと考える人が多く集まるプログラミングスクール・教室。初めて利用しようと考えている場合、どんなことを学べるのか、料金はどのくらい払わなければならないのか、などわからないことが多いのではないでしょうか?そこで今回は、プログラミングスクール・教室へ通うための料金や学べることについて紹介します。

プログラミング教室・スクールとは

プログラミング教室・スクールでは大人向けはもちろん、小学生~高校生にも対応したプログラミング技術を学ぶことができます。 大人向けの教室・スクールでは仕事に活かせるような技術を学べたり、資格取得を目指した知識を学ぶことも可能です。

子供向けの教室・スクールではロボットを使って、どのようなプログラムを組めばロボットを動かせるのか、といったことを学べます。カリキュラムは教室・スクールごとに異なるため、自分の目的に応じて選ぶことができます。

利用の仕方

プログラミング教室・スクールを利用するには、まず教室に通うための申し込みを行います。申し込みは各店舗のHPから申請する方法と、店舗へ直接向かい申込用紙をもらって申請することができます。

そして、教室・スクールごとにいくつかのプランが用意されています。お試し用の無料プランや月1回から始められるものなど種類はいくつかあります。

希望のプランを選んで申し込むと、定員オーバーになっていない限りすぐにでも通うことができます。

メリットとは

大きなメリットとしては、 エンジニアになりたい人がプログラミングを効率的に学べることが挙げられます。教室・スクールでは初めての人でも理解しやすいよう、順序立ててプログラミングを解説してもらうことができます。

ですから、挫折することはなくエンジニアを目指すことができます。これからエンジニアとして給料をあげたいという人、就職・転職したい方にはおすすめです。

そのため、プログラミングへの理解が早くなり、わからないことがあってもすぐに解決することが可能です。

プログラミング教室・スクールの料金・費用は安い?

プログラミング教室・スクールに通う際には、プランに応じた料金を支払わなければなりません。そのため、申し込みを行う前にどのくらいの料金が発生するのか把握しておくことが大切です。
具体的にどの程度の料金なのか、見ていきましょう。

平均利用金額

利用金額は教室・スクールのプランによって異なりますが、初心者向けの基礎的な内容の場合は平均30,000円(月額制)の利用料金が必要です。

また、より 専門的な技術を学べるプランでは、トータルで平均200,000円の利用料金となっています。
自分の目的に応じてプランを選ぶようにしなければ、想像以上に高い利用料金を支払うことになる恐れがあるため注意しましょう。

プログラミング教室・スクールの評判・口コミ・体験談

プログラミング教室・スクールへ通うことを検討している人は、各教室・スクールごとの評判や口コミなども参考にして、どこへ通うか判断しましょう。

これらを参考にすることで、公式には掲載されていない細かな情報を知ることができます。
ここからは、3つの教室・スクールごとの口コミや体験談を紹介します。

ギークジョブ

ギークジョブのカリキュラムは受講者が達成感を感じられるように作られています。そのため、プログラミングを学ぶモチベーションを高く持つことができました。

また、講師陣は常に近くにいてくれるので、わからないことがあれば気軽に質問できたことは嬉しいポイントです。

ギークジョブの詳細へ

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP(テックキャンプ)の大きな魅力は、用意されているテキストのわかりやすさです。プログラミングを全くしたことのない初心者でも、理解できるように作られています。

また、学習環境は講師陣も含めてアットホームな雰囲気があり、初めて参加したときから居心地の良さを感じていました。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の詳細へ

TechAcademy [テックアカデミー]

Tech Academy(テックアカデミー)では基礎的なプログラミングの知識から、応用的なアプリケーションの作成まで、様々なカリキュラムが用意されています。そのため、少しずつ段階を踏んで着実に知識と技術を身に付けることができました。

Tech Academy(テックアカデミー)の詳細へ

料金・店舗数・プログラミング言語での比較

どのプログラミング教室・スクールへ通うかは、それぞれの料金や学べる言語などによって判断します。また、自分の住んでいる地域にあるかどうかも大切なので、店舗数などについても把握しておきましょう。

この段落からは、3つの教室・スクールに関する料金・店舗数・プログラミング言語などを紹介します。

料金比較

まずは、各教室・スクールの料金比較から行います。それぞれ異なるプランやカリキュラムが設けられているため、料金設定もそれに応じて異なります。
継続して通おうと考えている人は、料金体系をしっかり把握して、予算内に収まる教室・スクールを選びましょう。

ギークジョブ

ギークジョブでは基本的なPCの基礎知識をはじめ、プログラミング的な思考方法や基礎学習、オリジナルアプリの開発などのカリキュラムを備えています。受講者のスキルや知識に応じてカリキュラムは変更されますが、料金は一律に定められます。
社会人の場合は2カ月で120,000円、学生の場合は60,000円となっています。

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP(テックキャンプ)では利用者の目的に応じた様々なプランが用意されており、最低でも学生は89,000円、社会人は129,000円(4週間プラン)から利用することができます。他のプランとしては、学生119,000円、社会人179,000円の8週間プランなどがあります。
また、無料の体験コースもあるため、初めての人は利用してから受講するかどうか決められます。

店舗数・プログラミング言語での比較

ここからは3つの教室・スクールの店舗数と学べるプログラミング言語に関して紹介します。自分の希望するスキルや知識が身に付けられるかどうかを判断するためにも、チェックしておかなければならないポイントです。

ギークジョブ

ギークジョブでは、主にJAVAかPHPの二つのプログラミング言語から学びたい方を選ぶことができます。他にも、開発現場で良く使われるような言語も数種類教えてもらえます。

また、用意されているプランにはアプリケーションを開発するためのカリキュラムが組み込まれたものもあるので、より実践的にこれらの言語を学ぶことができます。店舗数としては、東京都千代田区にある1店舗のみです。
オンラインで学べるコースもあるため、どこに住んでいてもプログラミングを学ぶことができます。

ギークジョブの詳細へ

TECH::CAMP(テックキャンプ)

TECH::CAMP(テックキャンプ)では利用者の目的に応じたプログラミング言語を学ぶことができます。例えば、Webサービス開発を目的としている場合、HTMLとCSSを使ってWebページの構築を行ったり、JavaScriptでサイトに動きを付ける、といったことを学べます。

店舗は全国に8店舗あり、関東に6店舗、中部と近畿に1店舗ずつあります。これらの地域以外の人はオンラインからの受講となっています。

TECH::CAMP(テックキャンプ)の詳細へ

Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)ではWebアプリケーションコースやJavaコース、iPhoneアプリコースなどいくつかのコースが用意され、それぞれで学べるプログラミング言語が異なります。

一番人気のコースであるWebアプリケーションコースではRubyやSQL、JavaコースではJavaやHTML5、iPhoneアプリコースの場合はSwiftを学ぶことが可能です。

また、TechAcademy [テックアカデミー]の店舗数は1店舗となっています。 学習方法はオンラインのみとなっているため、教室ではなく自宅学習の形式です。

Tech Academy(テックアカデミー)の詳細へ