各都道府県の2018年節税に評判・安い人気税理士・会計士相談情報まとめ

最終更新日:2018年10月1日

最新! ▼当サイトから申し込みが多い税理士サービス

【1位】 自動会計ソフトfreee(フリー) 自分で計算したいけど、記帳・確定申告を楽に行いたい方・利用無料!(税理士に依頼せずに節税・税金問題・記帳を解決!)

【2位】 税理士ドットコム 日本最大級相談サイト(日本初!無料で相談可能!おすすめ!

【3位】 税理士紹介エージェント

各都道府県ごとの確定申告・事業の節税・個人・家計の節税に必要な情報をご紹介しています。自分で経費計算や帳簿管理をするのが面倒な方は、税理士に相談して見ましょう。自分で自動計算をしたい場合は会計ソフトのfreeeを無料利用してみることをオススメします!

このサイト・この記事の目的

副業をしているサラリーマンの方、フリーランスの方、自営業者・事業主で業務委託の方を雇用されている方、 所得税、住民税、法人税などの税金全般で悩んでいる方、自営業者・個人事業主の方などを対象に書かせていただいております。

著者は、学生時代から 確定申告を個人事業主として行なっていて、副業でサラリーマンの時も確定申告をしていて、現在は起業をした個人です。

税理士・ファイナンシャルプランナーの方から教えていただいた知識・経験を元に読者の皆さんに信頼できる情報を書かせていただいております。

忙しくて読めないという方で、「確定申告の書き方がわからない、経費計算したい、早く確定申告を終わらせたい、自動で計算して税理士の高い金額を支払いたくないという方」には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!


freeeと税理士ドットコムで確定申告を漏れなく、節税も。

あわせて:節税チェックは大切です!

freeeで自動で仕訳したり、確定申告書の書類の書き方・作成後に、本当にあっているか確認・節税の方法など細かく聞くなら、税理士ドットコム 利用無料)を使って最終確認しましょう!

想定の読者の方

個人事業主、中小企業のオーナー様、企業経営者の方ですと下記のような悩みをお持ちではないでしょうか。

お悩みごとにこのページの見出しに遷移しますので、興味があるところをチェックして見てください。

副業サラリーマンの方のお悩み

フリーランス・個人事業主の場合

自営業者の場合

業務委託の方を雇用している事業主側の方の場合

ここからは、それぞれの悩み応じた解決策をご紹介していきます!

忙しくて読めないという方で、登録2分・利用料金無料で確定申告を早く解決したい方には、 「自動会計ソフトのfreee(フリー)」がオススメです!

副業サラリーマン・社会人・フリーランス・個人事業主・自営業者の方の悩みを解決!

家賃って経費にできるの?社宅の使い方は?計上はどうするの?

自宅を事務所・作業場として仕事をしている方の場合

利益が出ている場合、出ていない場合問わず家賃を経費にすることほぼ誰しもが行なっていることです。 「家事按分」で、自分の借りているマンションなどの面積のうちの50%程度を経費として落とすことができます。

つまり120万円年間にかかっていると、単純計算60万円は経費として計上することができます。 詳しい計算につきましては、「freee(フリー)」 などを使って、細かく計算してみることをオススメします。簡単に家事按分の計算をしてくれますので、便利ですよ。

会社役員で社宅に住みたい方

少々特殊なケースですが、もちろん役員の方でも社宅に住むことは可能です。会社として利益が出ているのであれば、 社員のために家を借りて家賃分を負担するということも問題ありません。

借り上げ社宅を利用する

下記サイトの「社宅家賃」を個人が会社に支払っていただければ、この方法は可能です。 https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/gensen/2600.htm

家賃分を給料として もらうべきか?会社が負担した方が手取りが増えるか?

家賃分多めに報酬を支払いますと、その分、個人の所得税・住民税・社会保険料の金額が増加します。同時に、会社の社会保険料の負担金も増加します。 そのため、役員報酬を抑えて社宅にした方が、個人の手取り金額は増えることになります。

また、所得要件のある制度(配偶者控除等)は、 役員報酬を抑えた方が適用しやすくなるというメリットがあります。 デメリットを挙げるとしますと、社宅家賃の計算が必要になるといった点かと思われます。

より詳しい税務の相談をする場合は、税理士ドットコムがおすすめです。 誰でも簡単に登録でき、無料で税理士の方が回答してくれます。

税理士ドットコムの公式サイトへ

確定申告について悩まれている方が非常に多いので、ここからは確定申告っていつまでにするべきなの?いつまでにした方がいい?確定申告するべき条件はなにか?に付いてご紹介します。

確定申告をいつするべき・確定申告が必要な人

確定申告は毎年2月16日〜3月15日までに行う必要があります。 副業で収入が多くある方(年間の所得金額が20万円以上:サラリーマンの方は給与所得以外の所得金額)は、確定申告をする必要があります。 早めに領収書をためておかなければ、事業関連で使ったお金を経費にできなくて税金が多くかかるので困ってしまいます。

3月15日前後になって忙しくなるより、早めに確定申告の準備をすることをオススメします。そして、確定申告は「自動会計ソフトfreee(フリー)」がオススメです。

freee(フリー)でクレジットカードを連携、銀行口座を連携しておくと、収入支出の金額や項目を自動で記帳・振り分けの登録ができます。全て現金でやり取りするというのは非常に手間ですし、何か記録に残しておかなければいけません。

しかし、「freee(フリー)」では、クレジットカード・銀行連携をすることで自分の入出金を一緒に管理できるのでオススメです。

確定申告をいつまでに行うべきかがわかったところで、 ここからは、確定申告書の書き方についてをご紹介します。

そもそも確定申告書の書き方・仕訳がわからない

学生でフリーランスで働いていた時から確定申告を行ってきましたが、最初は本当にわかりませんでした。 領収書を集めておいて、自分でエクセルで管理して、税理士の方に相談してまとめていました。

しかし、そもそも最初は確定申告書の書き方すらわかりません。しかも、書き方を間違えずに、資料作成・領収書などをまとめるのはかなり大変ですよね。

社会人になり副業で個人事業主になってから気づきましたが、これを解決するのにオススメなのが、
自動会計ソフト「freee(フリー)」です。

銀行、クレジットカードで自動連携しておけばあとは簡単に振り分ける・仕訳のチェックをするだけです。仕事に追われながら、確定申告書の細かい書き方を一から調べるのは結構無理に近いです。

本業に集中できて、かつ副業でお金を稼げるようになったので、確定申告書の書き方がわからなくて悩んでいる方は、 ぜひ「freee(フリー)」を無料で使ってみてください。

freeeの公式サイトへ

支払うべき税金はいくらになるのかわからない方

所得から所得控除される金額、さらに経費の金額など自分で記帳して計算するのは非常に手間がかかります。 これを確定申告の期日ギリギリになって焦って計算するとミスをおかす可能性も。

確定申告書の作成画面で、支払うべき税金の自動計算も「freee(フリー)」が行ってくれます。 下記のような図になります。

膨大な仕分け作業も仕組みで一気に解決してくれます。確定申告で一番面倒なのは、細かい領収書などの仕訳作業です。これが ほぼ一瞬で終わってしまうのが「freee(フリー)」を利用する最大のメリットです。毎年のデータもたまっていくのでクラウドで管理した方が効率的ですよ!

freeeの公式サイトへ

無駄な税金を支払わなくていいだけでなく、しっかり経費計算などを行うことで「還付金」が戻ってくる可能性があります。 還付金の計算について次にご紹介します。

確定申告の還付金の計算はどうする?

確定申告をすると、所得が経費などを上回っている場合金額によっては税金を多く支払わなければいけません。 逆に経費など細かく管理している場合税金を支払わなくてよく、しかも還付金がかなりかえってくる場合があります。

ファイナンシャルプランナーの方に聞くと、ここを多く見逃している個人事業主、中小企業のオーナーが多いとのこと。 税金を無駄に支払って手元にお金が残らない、ということがないようにしっかり計算を管理しましょう。

自分で管理・計算するのが大変、本業もあって全て管理できないという方は、「freee(フリー)」で解決しましょう。 freeeでは最終的に還付金、税金の支払い金額がいくらになるのか自動計算が表示されるので非常に便利です。
その金額を見て経費などいろいろ調整することも可能です。

freeeの利用画面

これによってそもそもお金がもらえるのか、税金を支払わなくてはいけないのか決まるので、確定申告の最終チェックには絶対利用するべき機能。しかも利用は無料!です。

  • freee での改善前の金額: 
  • freee での改善後の金額(税金-10,000円削減): freeeの利用画面

下記の画像と上記の画像を比較すると、1万円支払う税金が減っています。これはfreeeで経費をつけられる金額を計算した結果です。 このように経費につけられそうなものを計算し、無駄な税金を削減し、手元に残るお金を増やせるのが「freee(フリー)」 の良いところです。

freeeの公式サイトへ

節税は大きな関心事ですが、相談相手として税理士を選ぶことには大きなメリットがあります。まずは税理士を利用することのメリットがどのようなものか、税理士を利用する上で料金がどの程度なのか、そして税理士を探すために利用できるサービスの評判と、料金の比較、それぞれのサービスごとの特徴や利用者数についてまとめます。

節税に使える税理士とは

保険会社をはじめとして、銀行や証券会社といった金融機関までが「節税」というキーワードを用いた金融商品を開発しており、 個人ではファイナンシャルプランナーも節税対策についてアドバイスをするようになってきています。

しかし、個々の状況によって効果的な節税の手段は異なります。また、税金に関する法律は変わる恐れもあり、一度講じた節税対策が長年効果的であるとは限りません。

税金を専門とする職業は税理士です。したがって、節税を考えるにあたり、税理士を利用することは専門家に相談することと同義です。

メリット

税理士を利用する具体的なメリットは、無駄のない節税案を提案してもらえることと、デメリットを考慮した節税案を提案してもらえることです。

節税の目的は言うまでもなく使えるお金を増やすこと

節税の目的は言うまでもなく利益を増やすことです。
しかし、節税の手段によっては、結果的に支出が増えてしまい、税金は減ったが手元に残る資金は節税前より少なくなるというケースがあります。このような結果にならないためには、自らの状況を適切に判断し、減らせる税金とその手段のバランスを考えた提案をしてくれる税理士を利用することが役立ちます。

また、節税の手段によってはデメリットも存在します。節税手段の一つに経費を増やして利益を圧縮するという方法がありますが、これは融資を銀行等に求める際に不利に働くことがあり、結果的に利益を得る機会が失われることにつながる場合があります。

これらのようなことにならないためにも、しっかりと節税できる点は指南してくれ、経営方針についての相談に乗った上での節税案を提案してもらい、利益を増やすという節税の目的達成に導いてくれるというメリットがある税理士の利用には価値があります。

税理士・会計士の料金は安い?

節税対策として税金の専門家を利用することによるメリットは挙げましたが、節税効果と税理士・会計士の料金を比較した時に、税理士・会計士の料金が高くては意味がありません。

節税効果がどれほどかということは相談してみないと分からない場合もありますが、比較対象である税理士・会計士の料金を知っておくと、節税効果が判明した時に比較することができます。

平均金額

日本税理士連合会が、報酬についての調査を行っており、その結果を公表しています。
それによると、 個人事業主に対する月額顧問報酬は半数が3万円くらいまで、法人に対する顧問報酬は80%が5万円くらいまでとなっています。

また、決算報酬については個人事業主に対しては50%が5万円以下で30%が10万円以下です。法人の場合には20%が10万円以下、40%が20万円以下、20%が30万円以下という結果となっています。
合計すると個人事業主の場合は約40万円、法人の場合は約80万円が平均金額です。

税理士・会計士サービスの評判・口コミ・体験談

税理士・会計士サービスは多様で、自分にとってどのサービスが優れているのか判断することは難しいです。
その判断材料の一つとして、自分の状況に近い利用者の体験談や、自分が求めているサービスが得られるのかについて参考にするため、各サービスの評判や利用者の体験談は活用できます。

自動会計のfreee(フリー)

自動会計の自動会計ソフトfreee(フリー)の特徴として、会計知識がなくとも簡単に導入でき、個人事業主の場合は自動で確定申告ができるという機能があります。
会計処理での時間短縮が大きく見込めるという点で、評判はとても高いです。

個人事業主の体験談としては、創業後すぐは本業で手一杯になりがちなため、会計知識も浅く会計処理に手間取っていたが、このソフトを導入することで本業に集中することができ、時間短縮に加えて正確な会計処理を学ぶことができたというコメントがありました。

無料相談できる税理士ドットコム

掲示板に投稿すると、実際に働いている税理士が答えてくれるというサービスです。また、他の人の質問とその答えについても見ることができ、無料で税理士の紹介を依頼することもできます。

困っている点について、具体的に確認できるという点は評価が高く、その答え方から人柄を知ることができるという点が評価が高い点です。

口コミも概ね満足しているというコメントが多く、回答してくれる税理士が匿名ではなく名前を出して回答してくれるので答えに安心でき、紹介をお願いすることができたという実際の利用者の体験談もありました。

税理士紹介エージェント

エージェントに税理士について希望する条件を伝え、その条件に合った税理士を無料で紹介してくれるというサービスです。
紹介してくれる税理士は、エージェントが行う 面談等の独自の審査を通過した税理士のみということで、人柄等の満足度は高いという口コミが多いです。

また、合わない税理士だった場合は改めて紹介してくれるという点も高評価でした。
実際の利用者からも、エージェントが専任制で担当してくれるので安心で、税理士をどのような基準で選べばいいのか分からないので条件を伝えると紹介してくれるというサービスは役立ったという体験談がありました。

税理士紹介エージェントの詳細へ

料金・ユーザーと会員数で比較

それぞれのサービスごとに強みとする分野は異なるので、サービスの内容や評判だけではどのサービスを利用するべきか判断できないという場合も想定されます。
実際に利用すると料金はどの程度必要なのか、サービスの利用者はどの程度いるのかという点から、各サービスを比較します。

料金比較

まずは料金比較です。
先程、平均料金は個人事業主の場合約40万円、法人の場合は約80万円という紹介をしました。各サービスごとに必要な料金同士の比較はもちろん、この平均金額との比較という観点からも料金についてそれぞれの料金を見ていきます。

自動会計のfreee(フリー)

自動会計ソフトfreee(フリー)は、利用者の求めるサービスごとに料金が異なります。

個人事業主の場合、スタータープランは9,800円/年または980円/月、スタンダードプランは19,800円/年または1,980円/月(いずれも税抜)です。スタータープランは基本的な記帳や請求書に関する機能と確定申告に関する機能が備わっており、スタンダードプランはそれらに加えて詳細な機能やサポートの優先等のメリットがあります。

法人の場合、ミニマムプランは23,760円/年または1,980円/月、ベーシックプランは47,760円/年または3,980円/年(いずれも税抜)です。

最低限の会計処理機能を求めている場合はミニマムプランで、経理の効率化と見える化したい場合はベーシックプランを利用するということになります。
これらはいずれも、税理士・会計士の平均利用金額よりはかなり安い金額です。

無料相談できる税理士ドットコム

税理士ドットコムは、サービス名にも入っている通り無料での相談が可能です。実際に相談を投稿するためには会員登録とログインをする必要がありますが、それについても料金はかかりません。

また、他の人が投稿した相談についての閲覧も無料です。
よって、他サービスの比較としても、税理士・会計士の平均利用金額との比較においても安く利用できるサービスです。
また、無料で税理士を紹介してくれる機能もあります。そちらは、紹介までは無料ですが、紹介後税理士と契約する場合は報酬を支払うことになります。

よって、契約後の費用は契約する税理士次第なので、平均利用金額よりも高くなるか安くなるかは選択することができます。

ユーザー数・会員数・特徴

それぞれのサービスがどの程度利用されているのか、そしてそれぞれのサービスの特徴を整理します。
それぞれ特徴が異なるサービスであるので、利用者が多いからといって必ずしも自分に合ったサービスとは限りませんが、多くの利用者がいるということはサービスの質が一定以上保証されているということでもあります。

自動会計のfreee(フリー)

自動会計ソフトfreee(フリー)の特徴は、会計知識がなくても会計処理を簡単に行うことができる手助けとなる会計ソフトであるということです。
公式サイトによると、利用事業者数は100万を超えています。

クラウド会計ソフトとしては、35%ものシェアを誇っており、国内シェア1位です。よって、かなりの利用者が存在する会計ソフトです。

自動会計ソフトfreee(フリー)の詳細へ

無料相談できる税理士ドットコム

税理士ドットコムは、会計について不明点が生じた場合に、掲示板で税理士に相談したり、類似の相談から解決策を見いだすことができるということが特徴のサービスです。また、税理士を無料で紹介してくれるという機能もあります。

公式サイトによると、47,000人の利用実績ということなので、無料相談のみの利用者と合わせるとかなり多くの利用者が存在します。無料相談の件数としては、16,000件以上あり、自分の悩みに近い相談を見つけることができる可能性も高いです。

税理士ドットコムの詳細へ

税理士紹介エージェント

税理士紹介エージェントの特徴は、紹介してくれる税理士が、エージェント独自の審査に合格した税理士のみだという点です。
よって、必然的に紹介される税理士の質も高く、安心して紹介を受けることができます。
紹介者数は年間約2,000件から3,000件ということで紹介できる税理士の数も豊富なので、優秀な税理士を紹介してもらいたい場合や、税理士について詳細な希望が存在する場合はこのサービスを利用するのに向いています。

税理士紹介エージェントの詳細へ

上記の悩みは、サラリーマン・社会人をしていて副業をされている方とフリーランスで業務委託で活躍されている方のいずれにも共通する悩みですよね。

個人事業主・フリーランス・自営業者のための確定申告まとめ

請求書管理、領収書管理、それぞれの帳簿の記帳など面倒なことが多いですよね。記帳の方法がわからなかったり、書類の作成方法など自分で一からやっていたら時間がいくらあっても足りません。

そのようなときに解決策としてオススメのサービスをおさらいしておきます!

せっかく収入を増やしても本業に集中できなかったり、本業以外の部分に時間を取られてしまうのは勿体ないです。

「時間をお金で買う感覚」を身につけて、より収入を増やす時間を作るのにお役立てください。

確定申告を届けるのは住民票の登録がある税務署

確定申告をするときは、自分の住民票がある近くの税務署に対して申告します。自分の近くの税務署がわからないときは、 近くの税務署に電話をかけて見て、正しいのを聞くことができます。

また、電話が面倒だという方は、 「freee(フリー)」を 無料で利用できるので、その時に確定申告書を作成すれば税務署は自分の郵便番号を入力すると自動で入力されるので面倒がありません。 税務署を探すのが大変だという方は、ぜひ「freee(フリー)」を利用して見てくださいね!

確定申告時期がギリギリになってしまった方

確定申告時になると慌てて作業をするためミスをおかしてしまって無駄な税金が発生してしまう可能性があります。それであれば、1回税理士に相談して自分の確定申告の方針を作っていきましょう。 ギリギリになってしまった、という方でもまずは税理士に不安な点を相談してみましょう。

税理士に相談するのにおすすめなのは、税理士ドットコム です!(日本最大級の税理士相談サイト!

次の日には税理士からの相談の回答が返ってきていることが多く、様々な税理士に一気に相談できるので比較して税理士の方を判断できます。利用も無料なのでまずは質問してみましょう!

税理士ドットコムの公式サイトへ

各都道府県の2018年節税に評判・安い人気税理士・会計士相談情報まとめの地域から探す