2019年 最新 ▼当サイトで登録が多い当サイト人気・おすすめの英会話サービス・アプリ

【1位】 『レアジョブ英会話 【12ヶ月連続人気トップ!】

【2位】 『スタディサプリ ENGLISH 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『DMM英会話 【大手企業DMMが運営】

英会話が出来るようになれば世界中の人と話せるようになります。しかし、受験英語は出来たのに英会話はほとんど出来ないという話をよく聞きます。受験英語と英会話はほとんど別物と考えた方が良いでしょう。英会話の勉強は受験英語よりも簡単です。英会話教室に通う必要もありません。この記事で紹介する「英会話1000本ノック」を購入して、マスターするまで練習すれば英会話も自然と身につきます。

英会話1000本ノックとは?

「英会話1000本ノック」とは受験英語とは違い、英語で会話が出来るようになることを目的としている教材です。教材の内容に関しては例文も多く様々な表現方法を使って受け答えが出来るように工夫されています。

日常英会話が出来るようになるための入門編から仕事でも英会話が出来るようになるビジネス編までレベルに合わせて教材を選ぶことが出来ます。テストもついているので自身のレベルを確認しながら練習を進めていきます。英会話教育で有名なスティーブ・ソレイシィが作った教材です。

話せるようになることに重点を置いたトレーニングブック

日本の英語教育では基本的に「読む」「書く」ということに重点を置いています。しかし、この勉強法ではネイティブな英語を話す人々とは会話が出来ません。この教材が重視するのは「聞く」「話す」という点です。

英語は聞き取ることが出来なければ、話すことも出来ません。まずは相手がどのようなことを話しているか聞き取ることから始まります。その後、相手に対して英語で返答することを繰り返すことで会話として成立するようになります。

例文が多いので参考になる

この教材は日常会話で多く使用する例文を紹介してくれているので、海外旅行に行ったときや日本国内にいるときでも外国人と話すときに役に立ちます。同じ意味のことを伝えるときに英語は決まりきった一つの表現だけではありません。

同じ話をするときでも人によって違った表現をする場合があります。そういった表現をいくつも紹介してくれているので実際に外国人と話をする際には応用をきかせることも出来るようになります。

入門編からビジネス編までレベル別に英会話を学べる

英会話にもレベルがあります。ビジネスで使用する英語は仕事での間違いが起こらないように多少英会話のレベルが上がります。「英会話1000本ノック」ではこのような日常英会話よりもレベルの高いビジネスシーンでも会話が出来るようにビジネス編があります。

英会話1000本ノックは英語初心者の方や日本での教育しか受けてこなかった人のために入門編もあります。入門編をマスターすれば、日常英会話くらいであれば不自由なく話すことが出来るようになります。

5級から1級までの進級テスト付きで無理なく学習できる

普段の生活でも会話は挨拶からはじまります。「英会話1000本ノック」の入門編は基本的な挨拶から始まります。簡単な挨拶から自己紹介などを覚えた後は徐々に本格的な会話の練習に移っていきます。

この教材では5級から1級までレベルを設けてレベルに応じた進級テストもあります。このテストを受けてみることで自身がどこまで英語が話せるようになったか確認することが出来ます。英会話も段階的に上達していくものです。「英会話1000本ノック」は自身の段階に合わせて練習の出来る教材です。

NHK講座「英会話タイムトライアル」の人気講師スティーブ・ソレイシィが担当

「英会話1000本ノック」の著者は日本の英会話教育ラジオ番組NHK講座「英会話タイムトライアル」の人気講師スティーブ・ソレイシィです。彼は学生時代に英語の教育法について研究していて、その研究成果を英語教育に活かしています。「瞬発力のあるスピーキング能力」を育成することを最大のテーマとしています。

「英会話1000本ノック」はノックとリターンを繰り返し練習し、瞬発的に英語で返答できるようになることを目指します。

英会話1000本ノックの使い方

英会話1000本ノックの基本的な使い方は「質問を聞く」そして「質問に答える」ということです。簡単に説明してしまえばこれだけです。CDかMP3の音声で質問をされるのでポーズの間に自分で答えてみます。

入門編に関してはポーズの後に模範解答音声もあるのでそちらをチェックします。慣れるまでは模範解答を良く聞いてオウム返しでも十分に英会話の練習になります。

CDやMP3音声で質問が流れるのでポーズの間に自分で答える

書籍を購入した場合はCDを、オンラインで購入した場合はMP3から英語で質問をされます。ポーズの間に自分なりの回答を口に出して答えてみます。

口に出すという行為は重要です。質問に全て答えることが出来れば入門編はマスターしたと考えても良いでしょう。

入門編はポーズの後に模範解答が流れるのでチェックする

英語での質問の後、ポーズの時間に自分の回答をしてみます。この自分なりの回答をしてみた後で模範解答例をチェックします。模範解答例と自分の回答があっていればそのフレーズはマスターしたことになります。

慣れるまでは模範解答のオウム返しでOK!

最初はなかなかうまく答えることは出来ないでしょう。そういった場合は模範解答を良く聞いてオウム返しをします。出来るようになるまで何度でも繰り返します。繰り返し練習することで質問に対して瞬発的に答えることが出来るようになっていきます。英語は頭で考えるよりも口に覚えさせる方が先決です。

英会話が苦手な人は英語の質問を日本語に翻訳して理解します。その後、質問の答えを日本語で考え、その日本語を英語に翻訳してから口に出して答えます。質問を日本語に直すというプロセスによって返答までに時間がかかってしまうことがわかります。「英会話1000本ノック」ではこのプロセスを省いてしまい英語の質問に英語で答えられるようになるまで繰り返し練習します。

英会話1000本ノックの口コミを検証!

既に「英会話1000本ノック」を使用している人の口コミからこの教材がどのような人に適しているのか、どのような使い方をすればよいか検証します。

口コミからわかることはこの教材を使えばネイティブのような自然な英会話を学ぶことが出来るということです。また、日本語では話せるのに英語では何を話してよいかわからない人もいます。そのようなひとにもおすすめです。口コミでは繰り返し練習することが大事という意見もあります。

ネイティブのような自然な英会話が学べる

「英会話1000本ノック」はネイティブな英語を話す人が作っているので、発音もフレーズもネイティブな英語です。したがって、「英会話1000本ノック」でリスニングとスピーキングを練習すればネイティブな英語を習得することが可能なのです。日本の英語教育では文法的に正しいものを良しとします。

しかし、日常生活で用いる英語の場合はそういった文法にこだわったものでは不自然である場合も多いです。英会話は日本で習った英語とは異なるということを覚えておきましょう。

英会話で何を話していいかわからない人におすすめ

英語を初めて話す人のほとんどが英語を頭の中で翻訳しています。その為、翻訳の方にばかり集中してしまい肝心の会話にまで頭が回りません。そして結局のところ英語で何を話せばよいのかわからなくなってしまいます。

頭で翻訳をするという作業がなくなれば何を話すかということまで考えることが出来るようになります。そのためには頭で覚えるのではなく口で覚えるという練習が必要なのです。

話せるようになるまで練習は必須!

英会話は習うよりも慣れる方が大事です。何度でも練習して話せるようになりましょう。繰り返し口に出して練習していると自然と考えることなく勝手に口から英語が出てくるようになります。

その状態になれば、ネイティブと話すときも自然と英語が出てくるようになります。そうなれば入門編は卒業してビジネス編に進みビジネス編もマスターすれば外国人との会話も楽しめるようになります。

英会話1000本ノックは本当に話せるようになりたい人におすすめ!

これまで、色々な教材を試しては挫折して英語を嫌いになってしまったという人もいるでしょう。受験英語を頑張ったのに外国人とはほとんど話せないという人もいるでしょう。

「英会話1000本ノック」は本当に英語を話せるようになりたい人におすすめしたい教材です。繰り返し練習すれば頭で考えることなく言葉が口から出てくるようになります。日本人同士、日本語で話すときにわざわざ文法を考えますか。そんなことは考えません。英会話もそれと同じなのです。考えるのではなく身につけるのです。この教材を繰り返し練習すればいつの間にかネイティブな英語が身についているでしょう。

英会話のおすすめ本10選をジャンル別に紹介!海外旅行~留学までこれで安心

2019年 最新 ▼当サイトで登録が多い当サイト人気・おすすめの英会話サービス・アプリ

【1位】 『レアジョブ英会話 【12ヶ月連続人気トップ!】

【2位】 『スタディサプリ ENGLISH 【人気・知名度ナンバーワンアプリ】

【3位】 『DMM英会話 【大手企業DMMが運営】